ショムニぼっち。

とある会社の庶務担当です。ショムニはドラマだけではない!リアル『ショムニ』のリポートここにあり。

ショムニは見た、蛍光灯交換に思うお人柄。

 電球交換はショムニぼっちの仕事である。

誰がやってもいいのに。

(# ゚Д゚)。

在宅勤務と組み合わせている最近も

どうやら数日廊下の蛍光灯が放置されていた、、。

www.pink.tokyo

 

脚立をもって蛍光灯交換準備を整え

若手の男性スタッフに声をかけ、手伝っていただくのですが。

蛍光灯完了後。

そのジャッジは現れるのだ。

A「脚立は倉庫ですねー」 と脚立を運んでくれる人

B(脚立からおりて スーーと立ち去るーー) 私「あ、りがとうございました」

 

おばちゃんだけど、女子扱いされてえよ!

Bの人は何も悪くないんです。何なら言われたことやってあげたのに。

わるくないですよ、悪くない。。

 

Aの人だって女子扱いしてるわけでもないですし。そういう人はスマートに気を利かせてくれるのです。

 

 

というわけで

Aパターンの人とBパターンと心密に分別し。

若干の差を分ける

(差し入れなどのお菓子が、、若干少ない場合。

Bグループには回りません。その程度。)

 密かなル線引き。。フフフ。。。